2017年5月9日火曜日

「親・安倍」記者への告発が、単なる準強姦の問題では終わらない理由(現代ビジネス) / 女性が顔出し告発、元TBS記者の“家賃130万円”金満レジデンスライフ(週刊新潮) / 『レイプ捜査もみ消し 疑惑の警察官僚は古賀氏排除でも暗躍』 / 民進党、山口氏“性的暴行”捜査の検証要求 / TBS.のNEWSで山口敬之氏の準強姦事件を遂に報道 / TBS社長「警察から問い合わせあった」「詳細語らず退職」 / 「ついに女性がレイプの事実を顔出し会見で告発! 検察審査会が動き出す『安倍総理』ベッタリ記者の準強姦」 / 詩織さん「デートレイプドラッグを」インタビュー1 / 詩織さん実名で会見臨んだ最大理由/インタビュー2 / モーニングショーで詩織さんの会見。「上からの指示で逮捕できませんでした、私も捜査を外れます、と言われました」の部分を中心に約12分。山口氏の反論メール「権力の介入があったという重大な主張をするなら、単なる印象操作ではなく具体的に指摘してくれないとコメントしようがない」 / 「私はレイプされた。不起訴はおかしい」著名ジャーナリストからの被害訴え、女性が会見 / 昭恵さん、「山口敬之氏へのいいね!であんな責めなくても…」 / 〈あなたのような素敵な女性が半裸で…〉山口敬之が被害女性に宛てた弁明メール / アッキーが「いいね!」した女の敵 / 週刊新潮からの質問メールを、直ちに安倍の腹心、北村滋内閣情報官に転送したところ、誤って週刊新潮に送ってしまった / (参考)ヤバい内閣情報官・北村滋 - NAVER まとめ / ...安倍が重用する“官邸のアイヒマン”北村滋内閣情報官は... / ..山口敬之記者...暴露された“もう1つのヤバすぎる不倫”とは? / 握り潰された「安倍総理」お抱えジャーナリストの準強姦逮捕状 被害女性の告白 ; 安倍首相の提灯持ち山口敬之・元TBSワシントン支局長(51) / 菅義偉官房長官の秘書官も務めた中村格・警視庁刑事部長(当時)による隠蔽の可能性 / 防犯カメラ映像や「僕は精子が薄いから妊娠の心配はない」って低頭平身謝罪メールまで残ってる / 経済産業大臣世耕弘成もいいね! / 4月だけで4局の8番組にのべ47回出演(安倍夫妻を必死で守った)/ 室井佑月さん 山口敬之氏から取材電話かかってきた。「北から毒まんじゅうをもらっていますか?」(週刊朝日6/2号)    


------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------


---------------------------------------------------

----------------------------------------------------

--------------------------------------------------------


------------------------------------------------------


----------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------



------------------------------------------------------------

←TBSの責任、感じてるのかな?

-----------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------




テレビに多数出演する著名ジャーナリスト・山口敬之氏にレイプされたと主張する女性・詩織さん(28)が5月29日、山口氏が不起訴となったことを受け、検察審査会に不服申立をしたと発表した。詩織さんは弁護士を伴い、東京・霞が関の司法クラブで記者会見した。【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】

配布された資料などによると、詩織さんは2015年3月、当時TBSワシントン支局長だった山口氏に就職相談をしたところ、食事に誘われた。そして4月3日午後8時ごろ、都内の串焼き屋に入り、午後9時20分ごろ寿司屋に移ったが、そこで食事をしているところで記憶を失った。そして、痛みで目覚めた際、レイプされていることに気付いたという。

(略)

警察の捜査によって、タクシー運転手や、ホテルのベルボーイ、ホテルセキュリティーカメラ映像、下着から採取したDNA片の鑑定結果などの証拠が揃い、2015年6月にいったんは山口氏への逮捕状が発行された。しかし、捜査員からは逮捕直前、「上からの指示で、逮捕できなかった」と連絡があったという。

山口氏はその後、2015年8月26日に書類送検されたが、2016年7月22日に、嫌疑不十分で不起訴になった。詩織さんは納得がいかないとして、検察審査会に不服申立をした。

詩織さんは、家族の意向で名字は伏せたものの「匿名の被害者女性と報じられたくなかった」として、顔と名前を公開して記者会見に臨んだ。

テレビなどで活躍するベテラン・ジャーナリスト
山口氏は元TBS記者で、長く政界を取材しており、2016年5月のTBS退社後はフリージャーナリストとして多数のテレビ番組に出演している。安倍首相との距離も近いとされ、2016年6月に出版した著書「総理」(幻冬舎)では、次のように記している。

「安倍氏と私は一回り違いの午年で、出会った当初からウマが合った。時には政策を議論し、時には政局を語り合い、時には山に登ったりゴルフに興じたりした」

山口氏は、週刊新潮でこの件が報じられたことを受けて、自身のフェイスブックで5月10日次のように反論している。

「私は法に触れる事は一切していない。当局の厳正な調査の結果、違法な行為がなかったという最終的な結論が出ている。この過程において、私は逮捕も起訴もされていない」

一方、詩織さんの代理人弁護士は「これは起訴されるべき事案だと確信している」と述べた。

Kazuki Watanabe









-------------------------------------------------



-------------------------------------------------

-------------------------------------------------


































▼TBSワシントン支局長をクビになったことと絡んでるような様子だね・・・


▼山口さんと仲間たち






▼へェ~こんなことも・・・!



▼室井佑月に「北から毒まんじゅうをもらっていますか?」と



0 件のコメント: